スポーツが必ずしも体に健康的とは言えない理由

「健康のために運動を」というフレーズは誰でも聞いたことがあるのではないでしょうか。確かに、健康のためにスポーツなど運動をして体を動かすことは大切なことだと思いますが、実は…

例えばスポーツをすると筋肉組織は損傷し、筋肉中の酸素貯蔵体ミオグロビンというものが血中に漏出します。また赤血球が破壊されることにより血中のヘモグロビンも失われてしまいます。そして体内で活性酸素も増えてしまいます。

つまり、スポーツが必ずしも体に健康的とは言えないのです。

ミオグロビンやヘモグロビンが失われることで、確実に鉄分が消費されます。ですから鉄分を摂取しなければならないのですが、鉄は非常に吸収率が悪いため、補給する際には工夫が必要です。

例えば鉄分が多いと言われるレバーや貝類、海藻類を食べたときには、鉄の吸収を促進するクエン酸やビタミンCの摂取を心がけ、吸収阻害物質であるタンニンやカルシウムを含む緑茶やコーヒー、豆腐類を避ける必要があります。

でもこれは現実的に、普段の食生活をしている人にとってとても難しいでしょう。

ですからサプリメントで摂取するのが良い方法と言えるでしょう。

またスポーツで発生する活性酸素に対抗するために、スポーツ前、スポーツ後にビタミンを中心とした抗酸化物質を摂取することをお勧めします。


私はサプリメントが必要なの?

サプリメント必要度チェックシート

サプリメントアドバイザー賞状
賞状2
サプリメント・マッチの代表者は、「日本ニュートリション協会」に認定されたサプリメントアドバイザーです。
スマホ対応
スマホ用サイト
copyright (c) Since 2009- サプリメント・マッチ. all rights reserved.