過剰なUVケアはNG!太陽の恵み『サンシャインビタミン』

太陽とビタミンD

シミ・シワの大敵である紫外線。予防は通年したほうがいいのに変わりはありません。しかし、ちょっと一日を振り返ってみてください。通勤中はUV予防をしっかりし、会社に着いたら外に出ることはなく出るときにはもう日が暮れている。そんな毎日を繰り返している方は要注意。

心配になってくるのがビタミンD不足。近年 過剰なUVケアをしている若い女性にビタミンD不足が多くみられています。ビタミンDは食品で摂取するのが難しく、おもに紫外線を浴びた皮膚で作られています。

ビタミンDが不足していると、カルシウムが体内で吸収されず骨が作られません。現代人はただでさえ1日のカルシウム摂取量が足りていない傾向にあります。そのままビタミンDが作られないと、骨粗しょう症や下肢の筋力が衰え、転倒の危険につながる恐れがあります。

またビタミンDは別名サンシャインビタミンと呼ばれ、最近では免疫力を上げる効果や、アトピーなどの免疫疾患や生活習慣病の予防に効果があると証明されてきました。血中ビタミンD濃度が濃いと、うつやがんの予防、ダイエットの効果も上がるというデータが発表されています。

朝一番に日光を浴び、1日15分は太陽の下を歩くことで十分なビタミンDを得ることができます。もちろん紫外線は美肌やアンチエイジングの敵であることに間違いはないのですが、健康維持に不可欠な要素であることもぜひ知っておいてください。


私はサプリメントが必要なの?

サプリメント必要度チェックシート

サプリメントアドバイザー賞状
賞状2
サプリメント・マッチの代表者は、「日本ニュートリション協会」に認定されたサプリメントアドバイザーです。
スマホ対応
スマホ用サイト
copyright (c) Since 2009- サプリメント・マッチ. all rights reserved.