サプリメントの定義はある?日本とアメリカでの認識の違い

サプリメントとはサプリメントとは、英語のSupplement(補足する)のことで、食事を補う、栄養補助食品のことを言います。

日本では法律上、サプリメントは明確に定義がされておりません。

しかしサプリメント先進国のアメリカでは“DSHEA法”(栄養補助食品健康教育法)という法律によって、「ハーブ、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養成分を1種類以上含む栄養補給のための製品」として明確に定義されています。

また形状は錠剤(タブレット)やカプセル、パウダー状、ソフトカプセル、液状など、通常の食べ物の形以外のものとされています。

サプリメントは特定の栄養素を補うことを目的で製造された「栄養補助食品」であって「薬」ではありません。ですから薬のように特定の疾病を治す即効性はないと言えるのですが、活性酸素や栄養素不足による「自己免疫力の低下」や「自然治癒力の低下」に対してサプリメントは有効な働きをします。

しかしまだ日本では、サプリメントの正しい認識がされていないのが現状です。

アメリカでは「食品」と「医薬品」の中間にサプリメントが位置づけられているのに対して、日本では「食品」としてしか扱われていません。

今後日本でもサプリメントの正しい認識がされ、多くの方がサプリメントを摂取する時代が来るのではないでしょうか。


私はサプリメントが必要なの?

サプリメント必要度チェックシート

サプリメントアドバイザー賞状
賞状2
サプリメント・マッチの代表者は、「日本ニュートリション協会」に認定されたサプリメントアドバイザーです。
スマホ対応
スマホ用サイト
copyright (c) Since 2009- サプリメント・マッチ. all rights reserved.