日本はサプリメント後進国。アメリカのサプリとの違い

最近はドラッグストアやコンビニ、スーパーでもサプリメントが販売されるようになり、サプリメントの需要も上昇しています。そして様々な会社がサプリメントを製造・販売するようになりました。今まで全く健康分野ではない製品を販売していた会社が、いつの間にかサプリメント販売を始めているということも多々あります。

しかし、アメリカと日本におけるサプリメントに対する考え方にはかなりの差がるというのをご存知でしょうか?日本ではサプリメントは健康食品として扱われているため、薬事法の関係でその成分に制限を受けてしまいます。

本来であれば人間が必要とするビタミンやミネラル等の栄養素を十分に製品に配合したいところを、制限や規制があることにより十分に配合できないこともあるのです。

このように日本では法律に準じた基準でしか製造できませんが、アメリカでは臨床医向けに製造されたサプリメントが医療の現場で頻繁に使用され、医師も多くの効果を上げていると言われています。

アメリカのサプリと日本のサプリつまり臨床医向けに製造されたアメリカのサプリメントというのは、臨床データを積み重ねられているため、日本のサプリメントよりも数倍も研究が進み、質も向上し続けていると言われています。

私達日本人は「国産でないと安心できない」「海外のものは質が良くない」と思ってしまいがちです。もちろん日本のサプリメントメーカーも日々研究を進め、技術や質も向上しているでしょう。しかしサプリメントに関しては「国産のものしか嫌」という考えは置いておいて、アメリカのものも選択しとして考えてみてください。


私はサプリメントが必要なの?

サプリメント必要度チェックシート

サプリメントアドバイザー賞状
賞状2
サプリメント・マッチの代表者は、「日本ニュートリション協会」に認定されたサプリメントアドバイザーです。
スマホ対応
スマホ用サイト
copyright (c) Since 2009- サプリメント・マッチ. all rights reserved.