サプリメント・アドバイザーがサプリメント・美容・健康に関する正しい情報を紹介。

サプリメント・マッチ

コンテンツ 食事と食べ物

半日から3日でできるファスティングの実践方法

更新日:

drink今回はファスティングの実践方法を紹介致します。「ファスティングって何?」という方はこちらをご参照ください。

まずファスティングは固形物を断ち、水とサポートジュースで行います。
胃腸などの臓器を休ませ毒素を排出し、代謝をあげることが目的です。

半日~3日間のコースがあります。はじめから無理はせず、徐々に時間を延ばしていってください。

はじめる時期も重要です。体調がよく、激しい運動をする予定のないときに行ってください。ファスティング中は動く体力はありません。エネルギー不足状態を作り、強制的に脂肪を燃焼させるのです。

上記のコースを定期的に行います。はじめは2~3か月に1度。慣れてきたら月に2度ほど。くれぐれも、ファスティング時期以外は何を食べてもよい、というon/offタイプのダイエットではないので、日頃から過剰な糖分、脂肪の摂取は控えましょう。

特にファスティング終了後にドカ食いすると、リバウンドしやすいです。飢餓状態にあった体は必要以上に吸収してしまうんです。

それらをふまえてまず半日のコースは、
朝、昼、晩どれか1食をサポートジュースに置き換え、寝る4時間前に食事を済ませ、睡眠含め12時間何も食べていない時間を作ります。置き換えた後の食事のドカ食いには要注意。

1日コースは、
朝、昼、晩サポートジュースに置き換えます。この時ジュースを一気に飲むのではなく、1時間~2時間かけてゆっくりと飲みます。どのコースにかかわらず、サポートジュース以外に水を1日2ℓのみます。水分は常に放さない感じです。
しかし解毒作用を妨げるので、お茶やコーヒー等のカフェインはNGです。スポーツドリンクやアルコールも控えましょう。

3日コースも内容は1日と同じです
どうしてもお腹がすいたらジュースを増やすか、青汁、豆乳を飲みます。
3日を達成できれば、心身共に研ぎ澄まされているのが実感できるはず

ファスティングで一番大事なのは準備期と回復期。とくに回復期を大事に行わないと、せっかくの断食が台無し。逆戻りしてしまいます。

ファスティング後はおかゆから、ゆっくり消化の良いものを摂ります。豆、芋、野菜、海藻類を中心とした和食を摂ります。ファスティング前日も、これらの素材で胃を落ち着かせます。

サポートジュースに関しては、ビタミン、ミネラル、酵素をたっぷり含んだもの。
野菜や果物をミキサーにかけたスムージーや醗酵させた酵素ジュースが適切です。
酵素ジュースについてはこちら

市販のものでもかまいませんが、栄養分が多いので、冷凍や缶詰は避けた生ジュースがおすすめです。種類は無限にありますので自分のお好みのベストジュースを探すのも楽しいですよ。

-コンテンツ, 食事と食べ物

Copyright© サプリメント・マッチ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.