サプリメント・アドバイザーがサプリメント・美容・健康に関する正しい情報を紹介。

サプリメント・マッチ

コンテンツ 食事と食べ物

カロリーオフ・ゼロの人工甘味料は要注意!発ガン性や内臓に負担

更新日:

カロリーオフ・ゼロの人工甘味料は要注意!発ガン性や内臓に負担

今市場では当たり前のようにカロリーオフ、カロリーゼロ!と謳われた商品が、とてもありがたいもののように売られ、買う側も違和感を覚えないようになってきました。

ここで基本的な表示義務基準ではカロリーオフは 100mlあたり20kcal以下ノンカロリー(カロリーゼロ)は 100mlあたり5kcal未満で販売が可能となっています。完全にゼロではないですね。

問題はこの低カロリーの甘味料。ほとんどが食品添加物に分類される人工甘味料です。人工甘味料は科学的に作られた物質です。

甘味料を分類分けすると、自然由来の炭水化物系である ブドウ糖、砂糖、麦芽糖等 に対し人工甘味料のアスパラテーム、アセスルファムカリウム、サッカリン、スクラロース等天然の甘味料を人工的に合成することのある甘味料の ステビア、甘草、トレハロース、マルチトール、キシリトール、ソルビトール等聞いたことのある名前が多いのではないでしょうか?

これらは砂糖の数十~数百倍の甘さがあり、ごく少量で甘みを感じることができるので、1gあたりのカロリーは低くすることができます。おまけに砂糖に比べ安価です。

いいことだらけのように感じますが、ものによっては発ガン性や内臓に負担をかけるという研究結果もあります。

天然甘味料なら大丈夫?と思うかもしれませんが、ステビアは欧米では食品添加物として認可されていない国が多数ありますし、甘草はむくみや高血圧の原因になるとされています。

基本的に人工甘味料は体で分解する必要がないのですぐに吸収され、血糖値が急激に上がってしまいます。とすると糖尿病の一因になったり

甘いものが欲しくなる時はカロリーを欲しているという体のサイン。

けれど甘いものを摂ってもカロリーにならないから体は混乱して、より甘いものを欲するようになり、同時に濃い味付けのものも欲するように変わっていきます。

ダイエット目的でこのような商品を買う人は、カロリーゼロだから、と安心して他のものでカロリーを摂ってしまっている例も多いそうです。実際、1日にノンカロリードリンクを2本以上飲む人と飲まない人とでは、飲む人の腹囲の増加率が飲まない人の6倍近くだったとの発表がありました。

ノンカロリー等の商品を摂るときはリスクを意識し、やたらに過剰摂取するのは控えた方が健康的ではあります。一度商品裏の成分表を見てください。 聞いたこともないようなものが入っている場合は注意が必要かもしれません。

(関連項目)
メタボが気になる・ダイエットをしたい人に

-コンテンツ, 食事と食べ物

Copyright© サプリメント・マッチ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.