サプリメント・アドバイザーがサプリメント・美容・健康に関する正しい情報を紹介。

サプリメント・マッチ

コンテンツ 食事と食べ物

「チョコレートがニキビの原因になる」は科学的に根拠が無い

更新日:

「チョコレートがニキビの原因になる」は科学的に根拠が無い

「チョコレートを食べるとニキビが出来る」

よく聞く話ですが、これは本当なのでしょうか?

チョコレートを食べることで、本当にニキビが出来たり増えたりするのかということを臨床試験を実施した方がいます。

30名の思春期の男女と35名の若い成人男性を被験者として集め、これら被験者に、市販のミルクチョコレートの10倍以上ものチョコレートを含むチョコバーと、これと見た目がそっくりの全くチョコレートを含まないバーを無作為に与えました。

被験者には、いずれかのバーを毎日1本づつ4週間にわたって摂取した後、3週間休みを取り、次の4週間で前回と違う種類を摂取してもらいました。

最後に皮膚科医が、実験前と後における顔面のニキビの状態を判定したところ、思春期男女と成人男性では反応に差はなく、さらにチョコバーと偽チョコバーとで、顔面のニキビの状態に変化は認められませんでした。

つまり、「チョコレートがニキビの原因になる」ということは科学的に根拠が無いといえるのです。

「でもチョコ食べた後はニキビができやすいよ!」

と思っていらっしゃる方もいるでしょう。

確かにそのように思われる方も多いのですが、その場合、チョコを食べたからニキビができるのではなく、“ニキビが出来やすい時にチョコを食べたくなる”という可能性があります。

例えば女性の生理前や、ストレスが溜まっているときなど、精神状態やホルモンのバランスが悪いときはニキビができやすいですね。

このようなニキビができやすい時期に、チョコレートなど甘い物が食べたくなるため、「チョコを食べるとニキビができる」と思ってしまうのです。

ただしチョコレートがニキビと関係ないからと言って、食べすぎたりすることによって、ちゃんとした食事ができなくなり栄養が偏ったりしないように気をつけて下さい。

(関連項目)
美肌に関心のある人に

-コンテンツ, 食事と食べ物

Copyright© サプリメント・マッチ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.