サプリメント・アドバイザーがサプリメント・美容・健康に関する正しい情報を紹介。

サプリメント・マッチ

コンテンツ サプリメント

サプリメントと薬の飲み合わせ注意点と相互作用

更新日:

サプリメントと薬の飲み合わせ注意点と相互作用

よくある質問で、
「サプリメントは薬と一緒に飲んでもよいのでしょうか?」
というのがあります。

サプリメントは食品なので基本的に薬と一緒に飲んでも問題ないものが多いのですが、常時薬を飲んでいる方や病気を抱えている方、医師から処方された薬を飲む場合は、医師や薬剤師の方など専門家に相談した方が良いでしょう。

例えば下記の栄養素と薬の飲み合わせには注意が必要です。

サプリメント
医薬品
相互作用
ビタミンA 血液凝固防止薬 抗血液凝固作用を増大
角化症治療薬 ビタミンA過剰症(頭痛や吐き気)と似た副作用
ビタミンB6 パーキンソン病治療薬 薬の代謝を促進し効き目が弱くなる
ビタミンC 利尿薬 Cを大量に摂取すると腎・尿路結石の可能性
ビタミンE 血液凝固防止薬 Eの大量摂取で出血傾向が強くなる可能性
葉酸 抗てんかん薬 薬の効き目が弱くなる
カルシウムやマグネシウムなど 骨粗しょう症治療薬 薬と結合し腸管からの吸収を阻害。30分以上間隔をあける必要
西洋オトギリソウ 抗てんかん薬、強心薬、抗不整脈薬、免疫抑制剤 医薬品の代謝が促進され血中濃度が低下する恐れ
イチョウ葉エキス 血液凝固防止薬、解熱鎮痛剤 抗血小板作用があり、併用で出血傾向が強まる可能性
カンゾウ(甘草) 強心薬、利尿薬 カンゾウでカリウムの腎排泄が促進、低カリウム血症が起こり薬の作用が増強
クロレラ 血液凝固防止薬 ビタミンKを含むため、薬の効き目が弱まる
青汁(ケール) 血液凝固防止薬 ビタミンKを含むため、薬の効き目が弱まる

※薬剤師会「医薬品と健康食品の相互作用」参照

また、せっかくサプリメントを飲んでも栄養素を壊してしまう薬も存在します。
例えば胃薬や抗生物質はビタミンを壊す可能性があります。

薬でなくても、水道水で飲むと、水道水に含まれる塩素がビタミンを壊してしまいます。ですから、水道水であれば浄水器を通したもので飲むか、そうでなければ出来れば水道水では飲まない方が良いですね。

(関連項目)
サプリメントと薬との違い

-コンテンツ, サプリメント
-

Copyright© サプリメント・マッチ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.